サイトメニュー

うつ状態の改善

悩む男性

つらい症状は医師に相談

一口にうつ病といっても症状の現れ方は人によって異なりますが、ディスチミア症候群も広い意味ではうつ病の一種と考えられています。具体的には抑うつ気分が続き、仕事への意欲が湧かなかったり、何をしても楽しめなかったりするのがディスチミア症候群の特徴です。また眠れないとか眠りすぎるとか、過食症や拒食症に似た症状が現れたりすることもあります。こういった状態がおおむね2年以上の長期にわたって続くようなら、ディスチミア症候群の疑いがあります。ただし一般的なうつ病と違って、症状の現れ方が比較的軽いことが多いため、本人も病気とは気づかないケースが少なくありません。このような場合は性格的な問題であると自己判断してしまい、治療が遅れることもありので注意が必要です。ディスチミア症候群を放置しておくと、やがて重症のうつ病や他の精神疾患を併発することがあります。そうなってから初めて医師を受診する人が多いようですが、できるだけ早い段階で治療を始めれば負担を減らすことができます。

ディスチミア症候群の原因は完全には明らかになっていませんが、遺伝的な気質に強いストレスが加わって発症すると考えられています。一般に若い人ほど遺伝の影響が強く、高齢者ほどストレスの影響が強いとされます。うつ病ほど急性の症状ではなく、双極性障害のような躁状態が見られないことも診断の目安になります。ディスチミア症候群を治療するには、まず専門家が正確な診断を行う必要があります。ディスチミア症候群はうつ病と同様に、抗うつ薬や認知行動療法で治療することができます。抗うつ薬は副作用の比較的少ないssriなどが主に用いられます。認知行動療法はカウンセラーとの面談を通して、物の見方や考え方を改め、ストレスを乗り越えられる自分を作っていくことが目標です。薬物療法と併用することにより、治療成績が向上するというデータもあります。しかしいずれにせよ、治療方針をコロコロと変えるのは望ましくありません。ディスチミア症候群は慢性的な病気なので、じっくりと治療に取り組む姿勢が大切です。

Copyright© 2019 うつ病のひとつですが、違った症状が見られます All Rights Reserved.