サイトメニュー

無理をせずに治療を続ける

悩む女性

やる気を出す方法を考える

仕事や家事を始めると途端にやる気が無くなってしまい、手足を動かす事すら苦痛に感じるようになって、大量の汗をかいたり胃痛に悩まされたりする事もあるのが、新型うつ病とも呼ばれるディスチミア症候群です。自宅でリラックスをしていたり好きな事をやったりしている時には、うつ病のような症状には悩まされないのですが、仕事や家事を始めると脳が拒否反応を示すように、精神的な落ち込みや手足の震えといった症状が起きます。職場にいるだけでストレスを感じて、何もやる気が起きなくなってしまう人は、ディスチミア症候群の治療実績も豊富なクリニックを頼ってください。薬剤だけに頼って治療を続けようとするのではなく、環境に適用する能力を回復するための手助けをしてくれる、サポートの手厚いクリニックがディスチミア症候群の治療には最適です。職場にいると辛く感じてしまう時には、自己暗示やアロマテラピーなども活用しながら、環境に慣れるように助けてもらう事によって、ディスチミア症候群の症状が改善する場合もあります。

好きな事をやっている時には、新型うつ病の症状が出にくいディスチミア症候群という病気を発症すると、仕事などの辛い作業から逃げ出したくなって、好きな事だけを延々と続けてしまう事もあります。自宅に引きこもって読書やゲームなどの趣味だけに時間を使うようになり、他の事をやるのは辛くて何もできなくなってしまう場合もあり、自宅にいるだけでは症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。ディスチミア症候群の治療を行っているクリニックは、心と身体の健康を保ちながら趣味に時間を使えるように、1日のスケジュールの決め方などもサポートしてくれる点が注目されています。どのタイミングで休憩を挟むと心と身体が楽になるのか、仕事と趣味の両方にやる気を出せるようになるのかというアドバイスを送って、生活リズムを整える手助けをしてくれる点が魅力です。軽いストレッチなどの運動を行いながら、自律神経のバランスを整えるケアを続けているだけでも、ディスチミア症候群の症状が改善する場合がありますから、早期治療のために専門家に相談する事を推奨します。

Copyright© 2019 うつ病のひとつですが、違った症状が見られます All Rights Reserved.