サイトメニュー

うつ状態の改善

悩む男性 ディスチミア症候群はうつ病の一種で、うつ病ほど急性ではありませんが、抑うつ状態が長期間続くため、病気とは自覚しにくいのが特徴です。ディスチミア症候群もうつ病と同様に、抗うつ薬や認知行動療法で治療できます。

詳しく見る

治療にかかる期間を短縮

悩む成人女性 仕事にやる気を出せなくなるディスチミア症候群を発症した事で、職場に復帰するのが難しくなっている時にも医師はサポートをしてくれます。前向きに仕事を続けるために考え方を少しずつ変えていき、ストレスに立ち向かう方法を見つけてください。

詳しく見る

無理をせずに治療を続ける

悩む女性 職場にいるだけで汗が止まらなくなって、仕事も手に付かなくなる事があるディスチミア症候群という病気は、新型うつ病として話題になりました。心の疲れを取るために趣味に時間を使いすぎてしまい、心身に疲労を溜め込まないためにも、医師を頼ってください。

詳しく見る

新型うつの特性と治療

医者と患者 ディスチミア症候群はいわゆる新型のうつ病です。治療は一般的なうつと同様、抗うつ剤の内服となり治療費は1回辺り3千?1万円が相場です。ただのワガママとも勘違いされやすいケースなので早期発見が治療のカギとなります。

詳しく見る

新しいうつ病の形

男性 ディスチミア症候群はうつ病の一種ですが、自分ではなく他人に攻撃的になる、楽しい時間を過ごしているときは楽しいと感じる、など普通のうつ病とは異なる部分があります。疑われる場合は、まずは病院へ行くことから始めましょう。

詳しく見る

精神症状が軽い傾向がある

カウンセリングを受ける男性

他人や環境のせいにしやすい傾向があります

ディスチミア症候群は、うつ病のひとつですが、違った症状が見られるのが特徴です。一般的なうつ病の場合は、自責の念が強く、自分のせいだと感じやすい傾向があります。ディスチミア症候群は、10代、20代の比較的若い年代に多く、自分ではなく、他人や環境のせいだと感じる傾向があります。周囲の人から見ると、わがままで自己中心的な人だと誤解されることもあります。ディスチミア症候群は、通勤や通学をしている時はうつの症状が見られますが、自分の好きな趣味や娯楽を楽しんでいる時は、気分が良くなり活動が出来ることが多いです。一般的なうつ病の場合は、好きなことをしても、気分が晴れなかったり、疲れが出やすい傾向があります。ディスチミア症候群が疑われる時は、精神科の病院やクリニックを受診することが大事です。診察や薬代には保険が効くので、あまり高額になる心配はありません。一般的なうつ病に比べると、抗うつ剤が効きにくい傾向がありますが、決められた分量はきちんと守って服用することが大事です。

ディスチミア症候群は、憂鬱な気分になったり、不安や緊張、イライラなどのうつ病の症状が見られます。一般的なうつ病に比べると、精神症状はやや軽い傾向があります。従来のうつ病の場合は、無理に励ましたりするのは良くないですが、ディスチミア症候群の場合は、適度に励ましをしたり、通勤や通学をさせたほうが良いケースもあります。ストレス耐性を付けることで、症状が改善することも多いです。ディスチミア症候群は、カウンセリングなどの精神療法や、認知行動療法なども有効です。認知行動療法を受けることで、間違った考え方を改めることも出来ます。好きなことをしている時は、活動が出来るので誤解が生じることもあります。本人にとっては大変辛い症状なので、爪噛みや頭髪を抜く、リストカットなどの自傷が見られる時は、早めに精神科の病院やクリニックを受診させることが大事です。ディスチミア症候群は大人だけでなく、中学生や高校生などのお子様も罹る可能性があります。お子様の変化に気付いたら、親御さんが付き添ってあげて下さい。

Copyright© 2019 うつ病のひとつですが、違った症状が見られます All Rights Reserved.